HGUC ジェスタ #完成

2012年01月25日 04:56

JESTA_TOP.jpg

1/30までYahoo!オークションに出品中!
オークションページはこちらです(´∀`*)

モデラーズギャラリーに投稿!
ギャラリーページ

fgにも投稿!!

・・・fgは重いですな。投稿するの大変です。
写真も重複してしまったりしていますが、修正するのも面倒なくらいw

なんて久々に完成品でちょっと気合入ってしまいましたヾ(´▽`;)ゝ

一応それぞれのギャラリーにしか無いカットがありますので、
よかったら見に行ってくださいまし!

以下、ずらずらと写真でござい!!!

※1/25 オマケ写真追加したりしましたw

JESTA_01.jpg

JESTA_02.jpg

JESTA_03.jpg

JESTA_04.jpg

JESTA_08.jpg JESTA_06.jpg

JESTA_07.jpg

JESTA_09.jpg

JESTA_10.jpg JESTA_11.jpg

JESTA_12.jpg


機動戦士ガンダムUCのエピソード4で、デザインの秀逸さもあって周囲の期待を一身に背負いながらも、蓋を開けてみるとほとんど活躍することのなかった(今のところ)不遇の機体、RGM-96Xジェスタを制作いたしました。

キットはカトキ先生の設定画稿よりも妙に脚が長く等身も高い、それでいて何だかちょっとひ弱であまり強くなさそうなシルエットでしたので、等身の微調整と画稿のような「骨太」なイメージを目指して制作開始。以下、改修内容です。

<頭部>
アンテナを0.5mm真鍮線とモビルスプリングの組み合わせに置き換え、シャープに再現しました。
左側のセンサーはプラ板でボリュームアップ。
右側のセンサーは、先端のセンサー部を彫り込んで付属のホイルシール+ハセガワの偏光フィニッシュシールを貼り付けました。
バイザーも偏光フィニッシュを貼り込みましたので、角度によって特務部隊らしい(?)反射光が得られます。
あとは塗装の便を考えて、分割方法を変更し後ハメ加工したほかは、基本的にキットのままです。

<胸部>
エリまわりの面取りが画稿とずいぶん違ったので画稿を参考にヤスリで面取りを変更。天面にもプラ板を1mm貼り足し、マッシブな感じを強調してあります。
首は胴体内部のフレーム部分で1mmプラ板をスペーサーとして噛ませて延長。顎を引けるようにしてあります。

<肩部>
キットのまま組むと、肩関節がだいぶ胴体寄りになってしまっており、相対的に肩アーマーが外側に張り出して見え、提灯袖のようでカッコ悪く、このキットの一番の不満点でしたので、可動や保持力よりもシルエットを重視して大きく改修しました。

まず肩アーマーの内部のダボを全て削り落とし、プラ板で自作した肩関節にキットのポリキャップをはめ込み、キットよりも約1.5mm外側に関節位置をはずし、肩アーマーはその関節にかぶせる形をとっていて、パーツ同士のテンションのみで保持する構造です。
上記改造により、画稿のような力強い肩部を再現することができました。

<腕部>
基本的にキットのままですが、ヒジ関節が画稿と全く違う構造になっていましたので、関節部を加工して画工通りの付き方に変更しております。

<腹部>
2段目を3つに分割し、0.5mmプラ板を挟んで合計2mm幅まし。腰部との接続基部に1mmプラ板を2枚噛ませて胴を簡単延長しました。これにより寸詰りとウエストのくびれすぎを解消しました。

<腰部>
キットのままです。リヤスカートの内側は意外と目立つのでモールドを作成して貼り付けてあります。

<股関節>
キットの関節は不採用。モモのパーツをワンパーツになるように上方向へプラ板で延長、その中に仕込める大きさになるよう関節をプラ板とポリキャップで自作しました。
また、股間軸パーツは天面を1mm削って深く差し込めるようにし、足が短くなるように調整しました。
軸には1mmのスペーサを挟み、関節位置が1mmずつ外側に来るようにしてあります。

<ヒザ下>
基本的にキットのままです。フレア部分はあまり広がっている印象にならないよう、面構成の調整を行なっています。

<足首>
キットのままだとすねの裾とアンクルアーマーの間が間抜けに広かったので、靴底パーツの足首ポリキャップ受けをニッパで切り飛ばして、約1mm沈み込むようにしてあります。

<バックパック>
基本的にキットのままですが、バーニアはコトブキヤのバーニアパーツに置き換えてあります。

<武器>
とてもカッコ良い出来でしたので、ディテールの再調整をした以外はキットのままです。

<塗装>
塗装は全てエアブラシで行なっております。
クレオスの「色の源」とホワイト、ブラック、関節色調色用のアースブラウンを使用しました。
■本体ブルー:黒+色の源シアン+色の源マゼンタ少量+ホワイト微量
■明るいブルー:上記本体色にホワイト追加
■関節色:ホワイト+ブラック+ダークアース適量、最後に「色の源マゼンタ」を一滴。
■武器色:ホワイト+ブラック+色の源「シアン」少量、イエロー微量。
■金属色:クレオススーパーファインシルバー+色の源シアン微量

<デカール>
ガンダムデカール「HGUCシナンジュ用」(コーション類)
ガンダムデカール「MGフルアーマーガンダム用」(EFSF)
HiQパーツNCデカール1/144用(コーション類)
WAVE製Xデカール(レタード)
GFFを意識しつつ、貼りすぎにならないよう、集中と拡散を意識して貼り込みました。

デカールはマークソフターを使用し乾燥後、光沢クリアーを吹いた後、つや消しクリアーをエアブラシで吹いてトップコートしてあります。

コックピットハッチは光沢クリヤー吹付後、マスキングしてツヤを残し、アクセントになるようにしてあります。

ちなみに左肩のレタードは帰属艦であるラー・カイラムを、
jesta_rc.jpg

左フロントアーマーのレタードはロンド・ベルを、
jesta_lb.jpg


シールドの11はラー・カイラムに配備された12機のうちの11番機という意味で、
jesta_num.jpg
このジェスタにはトライスターのメンバー以外のパイロットが搭乗しています(笑


以上が改修内容となっております。

そして!何といっても今回は写真がめっさ難しかった・・・
ツキデコさんにアドバイス頂かなかったら投げ出していたかも(T_T)

どう撮ってもカブッてるようにしか撮れなくて、
「もしかしてこれカブッてんのかおい」って
どうみてもカブッてないのにもう訳わかんなくなりまして(爆

ツキデコさんのアドバイスどおりで、露出のバランスが悪かったのと
照明が近すぎたのが原因でした。

んでもって絞り値もいつもの3分の1位まで開けて、かなり望遠側で
背景紙も見切れるくらい引いて撮ってみたらこんな感じに。

実際の色味的には昨日撮ったこの写真みたいな結構真っ黒な感じなんだが
20120123-01.jpg
なんとなく人前に出せるなあという写真はこれと昨日の予告写真位で、
今日も本当に上手くいかなくて、合わせて300枚位撮りました(アワワ・・・

いやあ、写真もプラモも奥が深いです。

そんなワケで
ツキデコさん、超サンクスです。

北海道に来られた際にはご飯ご馳走します(´∀`*)

最後までご覧いただきありがとうございました!



で!当初からやろうと思っていて、しかしながら予想以上に撮影が困難を極めて
すっかり忘れていたショットを!
jeganjesta.jpg
そう!ジェガンとのツーショットだ!
一応兄弟機ですからね。
つか、やっぱ黒い機体は取るの難しーんだね!
ジェガンの色の抜けのいいことwww

これでホントに終わりです(゚∀゚ )


スポンサーサイト

HGUC ジェスタ #8

2012年01月24日 00:07

JESTA_COMING_SOON_.jpg

鋭意撮影中!

黒いMSって写真難しいすね・・・orz

HGUC ジェスタ #7

2012年01月13日 22:26

サフ終了。

付いてないモノもありますが、ハメはずしも
結構ビクビクものなので、形状把握/雰囲気重視で。

いつもよりもキズ埋めは少なく順調に進みましたが、
シールド保持フレームはちょっと人様に晒せない状態www

さー、どうしようかなと思案中・・・
久々パーツ請求かな(´д`)

では以下ちょっとだけですがサフ画公開。

今回は mat modeling service>>風カットからw
20120113_03.jpg
靴底を見切らすのがmatさん風かなとか。
巨大感でますね。

20120113_01.jpg

20120113_02.jpg

設定画風で
20120113_04.jpg

サフを吹いたあとの、プラの透けが無くなって
しっとりした質感に変化するのを目で見て確かめるのって
かなりの快感ですよね。

モデラーだけの特権というか(´∀`*)

所で巷ではMG誌のドラッツェMTの話題でかまびすしいわけですが、
なぜkentaはのん気にこんなモノを作っているのか!

AGEHAのランドセルのギミックを終え、本体への加工で
どうにも手が止まってしまっていて。

今まで「引き算」は結構やってきましたが、
「足し算」が今ひとつ苦手で。

そのへんの克服をテーマにジェスタ進めてきましたが、
なんとなく掴めたモノはありました。

ジェスタ終わったら、AGEHAを再開したいなと。

まぁあとはですね、正直なところ、こういう性格なので
「ひねれ」「遊べ」という分野はダメなだけだったりwww
ジムコンの時の事もありますし、本当、もういいヤってカンジで
周りの熱量に反して、一度もモチベ上がりませんでしたw

「作りたいものを作りたい時に、自分のペースで。」

趣味だもの。

これをテーマにやらないと自分の場合本当に長続きしない事を
昨年思い知ったので、今年は分相応に過ごそうかなと思ってます。

そんな訳でアシカイクルの皆さん、
ドラッツェミーティングへの参加は見送らせて頂きます~

ゴメンナサイo(TヘTo)

では引き続き本塗装頑張ります!

あ、保持フレーム(-_-;)ドーシヨウ・・・

HGUC ジェスタ #6

2012年01月12日 00:17

20120111_02.jpg
20120111_03.jpg
20120111_04.jpg
20120111_05.jpg
20120111_01.jpg

本体の改修作業はひとまず終了。
次の休みはサフを吹いて傷のチェックをしてみます。

今月中には上がるかな~

では!

HGUC ジェスタ #5

2012年01月07日 01:02

祝!40,000Hits!!!

BLOG立ち上げから1年7ヶ月...早いのか遅いのか良くわかりませんが、
ひとつ間違いないのは

身に余る光栄だということ。

特に昨年の8月以降は塗装の問題でなかなか完成品をUP出来ていないのに、
毎日カウンターがグルグル回っていて本当に何がなんだか((((;゚Д゚))))

それだけたくさんの方が楽しみにして下さっていると安易に思い込んでw
今後も頑張ってまいります~(´∀`*)

さて、子供たちは冬休みなわけで。
20120106_07.jpg
自分が思っている以上に「パパと遊ぶ」のを楽しみにしてくれている
という至極単純なことに改めて気づいたので、冬休み中くらいはと
出来るだけ子供たちとの時間を作っています。

雪かきだって、子供たちにとっては立派な遊び!

めんこいなあ('∀`)

奥さんも息抜きになるかなと(←付け足し

つぅ訳なので、大した進捗はないですが、本日までのまとめ!

まぁ、定番工作なわけですが、シールドのあまりにもあまりにもな
ミサイルのモールドを削り落として開口し、2mmプラ棒の先を簡易旋盤で
テーパーつけて、ジェガンのシールドミサイルを参考にプラペーパの
細切りをチョンと乗っけてそれらしく。
20120106_05.jpg
いや~、これ地味に大変でしたよ。

腰回りのエッジ出し。
20120106_03.jpg
スラスターの縁も攻めてます。
面倒くさいですが、やるとやらないではかなり違ってきます。
ヒザ関節も合わせ目消したあと、削り落としたモールドを
プラの切れ端で復活。

つま先はカットしたんですが、先端部のC面、どんな感じで入れるか
まだ思案中。
20120106_04.jpg
すねのフレアはあんまり広がって見えないよう
ヤスってシルエットの調整をしています。

あとクルブシにポン付けですけどモールドをば。

全体像
20120106_06.jpg
キット画像
20120106_08.jpg

キットのプロポーションはなんかヒョーロクダマというか
もやしっこ体型でしたので、肩関節を外側に外して、
胴を2段目で幅まし、足首関節部で2mm沈めて短足化して、
どっしりとしたマッシブなシルエットに変わっています。

プロポーションは大体納得いく感じになってきた
(目が慣れてきただけかもwww)ので、久々に
苦手な筋彫りをば・・・
20120106_02.jpg
以前ジェガンで施したのと同じパターンを。
一応同系列の機種なので・・・
20120106_01.jpg
胸だけでもうお腹いっぱいですw
腕、スネはちょっと間延びしてるのでサラッと入れたいですが、
もしかするとやらないかも。
でもここはじっくり取り組んで自分なりの「かっこいいパターン」を
確立すべきな気もします。
ジェガンの時の経験があったので、胸のパターンはすぐにサラサラと
書き込めたので、他の部分も取り組めば次は楽なのかなと思ったり・・・

つうか早く塗りたいですw

kentaよ、「焦らず急げ!」(byMG誌w)