--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUC ゲルググ ROLL OUT!!

2013年03月25日 02:07

20130324_top.jpg

オークション出品中>> 3/31PM10:00終了予定です。
久しぶりでどうやっていいんだか結構忘れてて焦りましたw

あとMGにも出撃>>してますので、気に入っていただけた方、
是非ポチの方もお願い致します!

20130324_41.jpg
コックピットハッチのみ光沢残してます。
エロかっこいいしょ?w

20130324_36.jpg

20130324_23.jpg

20130324_30.jpg

20130324_32.jpg

20130324_31.jpg

20130324_35.jpg

20130324_29.jpg

20130324_02.jpg

20130324_05.jpg

20130324_11.jpg

20130324_03.jpg

20130324_09.jpg

20130324_12.jpg

20130324_18.jpg

20130324_16.jpg

20130324_42.jpg

20130324_45.jpg

20130324_46.jpg

20130324_47.jpg

20130324_48.jpg

20130324_50.jpg

20130324_49.jpg

20130324_53.jpg

ご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

HGUCゲルググ/ゲルググキャノンと、旧キット・ジョニーライデン少佐用
ゲルググをミキシングビルドしました。

GFFのような組み換えの楽しみも盛り込みつつ、
ワンオフならではの精度の高い作品を目標に制作しました。

【基本工作】

頭部…キットがとてもカッコイイ造形でしたので、両形態ともキットのままです。
モノアイは3mmの穴を開け、コトブキヤの丸モールドをはめ込んだ中に、
hqパーツ製VCドームを使用しています。

胴体…上下にやや寸づまりの感がありましたので、
中のフレームで2mmかさ増ししています。
その上で胸部のクリアランスを調整することで、
外装は加工せずに素立ちも腰だめのポーズも安定感が出るようになりました。

腕部…肩の付け根が密着するよう軸受を加工。
腕側の脇も切り欠きを広げて可動範囲(特に脇をしめられるよう)を拡大。
前腕のウェポンラックは塞いで左腕に関してはシールド接続用のネオジム磁石を仕込みました。
握り手はキットのものと、コトブキヤの丸ハンドを使用しました。

腰部…ボリューム不足に感じましたので、エバーグリーン2mm角棒で大型化。
露出の多いスカート内のバーニアはウェーブのバーニアに置き換えています。
また、力強いポージングが取れるよう、股間軸パーツを2mm幅増ししました。

B型バックパック…基本的にキットのままですが、流石に30年近く前のものなので
今の視点で見劣りしないよう精度を上げる工作を施しました。
動力パイプはhqパーツのスプリングにウェーブのモビルパイプを使用。
バーニアも全てウェーブのものに置き換えました。

C型バックパック…これもキットのままです。キャノン砲は、ネオジム磁石を仕込んで
塗装後にはめ込めるよう加工しました。

ビームライフル…キットのままです。センサー部にhqパーツのVCドームを使用しました。

ロケット砲…旧キットはとても短く、かつ簡素な作りなので、
GFFのデザインを参考にディテールアップ。
特に長さに関しては全体で25mm延長しています。
こちらもセンサー部にはVCドームを使用。

【塗装】
エアブラシにて全塗装。
下地はガイアのサーフェイサーを使用しました。

以下:ガイア(G)、クレオス(C)、フィニッシャーズ(F)

赤…白下地→(G)ブライトレッド+(C)ブラック+(C)ホワイト

黒…サフ→(F)カーボンブラックマット+(C)ホワイト

関節色…サフ→(C)ダークアース+(C)ホワイト+(C)ブラック+(C)クリアーパープル

武器色…サフ→(C)305番グレー+(C)ダークグリーン+(C)ホワイト+(C)ブラック

金属色…サフ→黒下地→(G)スターブライトシルバー

デカール…旧キット、ガンダムデカールジオン用、ガンダムデカールシナンジュ用、
hqパーツ製デカール各種を、マークセッター、マークソフターを使用し、
極力シルバリングしないよう貼り付け

トップコート…(G)クリアーを吹き乾燥後、2000番のヤスリで
デカールの段差を消したあと、
(G)つや消しクリアー+(C)フラットベースなめらか・スムースを
1:1で混合したものでトップコート。
(DOOVAさん、トーマスさんにアドバイスを頂きました。サンクスです!)

また、キットはHGUCガブスレイ用のディスプレイベース対応という
ちょっとニッチなものでしたので、股間軸の加工の段階で3mmの穴を開けたので
ベースにディスプレイすることが可能です。

うーん、まだまだなんですが、それでもトップコートでこうも変わるかと
思わず唸ってしまいました。

いや、まだちょとDOOVAさんやトーマスさんの仕上げには遠く及ばないのですが、
掴んだ気はします!

なんかものすごい久しぶりに依頼以外のものを作りました。
妥協しているわけではもちろんないんですが、やはり
自問自答の時間は少ないですwww
思ったように突き進んで作る醍醐味を久しぶりに味わいましたよ!

次は何を作ろうか!!!

長文でしたが、最後までご覧頂きありがとうございます。

スポンサーサイト

HGUC ゲルググ #3

2013年03月23日 01:51


20130323_04.jpg
クリープハイプ/おやすみ泣き声、さよなら歌姫

ヴォーカルの尾崎世界観が、

「歌詞は全部聞き取れなくていい。意味がわからなくってもいい。
心に引っかかるものが、一つでもあれば覚えてもらえる。
1回聴いてピンと来ないような曲なら、別の曲を作ったほうが早い。」

なんて言ってるんですが、ホントに刺さって来ました。

久々に「入っていく」のではなく「引き込まれていく」音楽に出会った。

ジャケは気になってたんですけどね、ずっと。
なんでもっと早く聴かなかったんだろう。

リード曲も他の曲もすごくいいのです!特に#1、#4がお気に入り。

あときっかけとしては、このミニアルバムには入ってないのですが、
「左耳」という曲をたまたまyoutubeで見かけてやられてしまったのが
最初でした。



恋愛と嫉妬、現在と過去、不安、疑い、強がり…

生々しくトゲトゲしているけど確かな体温を感じさせる。
やるせなく切ない歌詞とメロディ。

凄いバンドです。

5月に来るみたいなので観に行ってきます。

ホント、新しい日本のロック、とても素晴らしい。


本題!w
20130323_03.jpg
完成です!

撮影してたらカメラの充電切れちまった(´Д` )

なので今日はこれにて。

乞うご期待~!

HGUC ゲルググ #2

2012年11月04日 23:49

こんばんわ。

う~ん、やっぱり僕は手が遅いというか何というか
ガーッと進めていくのが無理なんでしょうね。

結局1週間経って、今日がリミットだから無理やり
サフ吹いてみましたけど、終わりそうもないです。

前回エントリでsatさんからもコメント頂きましたが、
なんも焦るこたぁ無いんですよね。

前回の続きですが、ずっとどうしようか頭を悩ませていた
キャノンパックの後ハメ。
20121104_02.jpg
調子に乗ってリニア接続に。

でも保持力が今ひとつで、なんでかなーって考えてて、
風呂に入りつつ( ゚д゚)ハッ!と気づく。

SNSNの様に極の向きを揃えてないからだw

砲の軸入れるときに反発し合って苦労したんですが、
SNNSとかそんなんになっていると思われます。

バックパックは面倒だな~と思いつつも
パイプは真鍮線→スプリング→パイプで。
20121104_01.jpg
密度的にはあとバーニアが付けば結構イケてる
ように思います。
でもサフってみたら傷ひどくてだめだこりゃ。

ほかにも、手を入れたところは傷だらけで、
とても塗装を先に進めるような状態ではない。
20121104_03.jpg
いや、当たり前の工程で、いつも通りもっかい整面して
サフ吹き直せばいいのよね。

何を焦っているのだ。

というわけで、ジョニゲルは年内UP目指してのんびり行きます。

予定通り、明日からプロトメガン再開します。

ハシモト様、お待たせしまくってゴメンなさい。

何でしょうかね、ダメなんでしょうけど本当なら。
でも多分ゲルググに区切りつけないとソワソワして
メガンでいい仕事出来ないだろうなというのが
正直ありました。

今回の検証を通してやっぱりか~と自分でも思いつつ、
やっぱ僕なのでズギューンとは進まないと思いますケド、
他に手を出さなければそれなりに進行していくはず。

今までも楽しみながら手を入れていったものは、
人様の手に渡っても喜んでいただけているので、
基本に立ち返って「楽しんだ」結果「良い形になる」
様な時間をコツコツ積み重ねて行きたいなと。

心の方もだいぶ落ち着きを取り戻して来た事ですし、
寛大なご依頼者様に甘える日々もそろそろお仕舞に
しなければ!

うし!やるぞ~(*´∀`)

では(・∀・)ノシ

HGUC ゲルググ #1

2012年11月02日 00:09

やー、いくらなんでも前回のエントリは
ひどく陰鬱なもので反省。なkentaですこんばんは。

皆さんからは予想に反して沢山の温かい励ましの
コメントを沢山いただいて驚いてしまいました。
本当にありがとうございます。

涙が出るほど幸せな事だなあと強く思いました。

やっぱり波はありますが、徐々に落ち着きを取り戻して
来ています。

先生とも相談して、減薬して行く事にもなりました。

時間はたっぷりありますけど、そうのんびりもして
いられる身分でもない(就職活動!!!(´Д` ))のでw、
プラモも今のうちに進めていきます。

前回の予告通り、ライデン専用ゲルググです。

まず定番工作。
20121101_03.jpg
股間軸の幅増しです。計2mm幅増ししてます。
20121101_04.jpg
各所の合わせ目は、マスキングとどちらを取るか
とても悩みましたが、気がついたら手は勝手に段落ちを
彫ってましたw
ただ、裾のラインは距離が長いのでちょっと難しかった。

スジボリ堂かどこかから出ていた段落ち彫りツールが
今回ばかりは本気で欲しくなりました。

スカートはエバグリの2mm角棒で延長/大型化。
20121101_05.jpg
「エバグリの」という所がミソで、タミヤの角棒だと
この曲線はかなり難易度が高いです(硬いから)。

エバグリの角棒はかなり柔らかく、指でしごけば大体の
カーブはすぐに出せるので、硬化時間が長めの瞬着を
少しずつ流し込みながらカーブに合わせて接着して行きます。
内側の処理、めんどくさいですけどもう少しで終わります。

腕周りの改修です。付け根の軸は、リブを1段剥いて、
先端もその分削ります。こうすることで、腕が胴体側に
密着します。
キットのままだとワキが全く締まりません
20121101_06.jpg
肩カバーの軸受も3段のうち2段分削り落とします。

キットのままだとワキが全く締まりません。

肩関節は下方向に切り欠きを延長します。
しつこいようですが、
キットのままだと
ワキが全く締まりませんw


あと、二の腕のパーツのハードポイントは、カッコ悪いし
デザイン上デカールが乗る部分なので、中に磁石を仕込んで
塞いでしまいます。

シールドの方も受けに磁石を。
20121101_12.jpg
無計画に改造したツケなのですが、磁石の接地面に
稜線が来てしまってシーソーになってしまうため、
それに合わせた面を受けにも作らなければならず、
結果保持力ちょっとヨワイ(´Д` )・・・

軸の周りのガワはジャンクからそれらしい感じのものを。

胴体の中身なんですけども、なんかもうキーってなる位
なんか変な構造。ABSだし挟み込みばっかだし、ここの
ボールは一回噛むとものすごい渋くて抜けない!!!
20121101_07.jpg
仕方ないので上の方をノコで切り離して、ついでに
猫背にしたかったので2mm延長して再接着、首下のダボ
との勘合を調整してそちらから抜けるようにしてあります。
脇の合わせ目は、やっぱり段落ちですが、このような処理
をするのであれば普通に消して良かったじゃん!(# ゚Д゚)

本体はこんな所でしょうか。

旧キットから新型ロケット砲
20121101_08.jpg
キットのままだと小さいし弱そうなので、
可能な範囲でそれらしく改修。
長さ的には多分3cmくらいは長くなってる。

旧キットからバックパック。
形状は中々でしたが、ちょっとスカスカに
感じましたので、真ん中のブロックを横に1mm、
縦に2mm幅増ししてみたら結構密度上がりました。
20121101_09.jpg
その他細々とした所を掘ったり置き換えたりして
それなりに見えるように。

バーニアはかなり乱暴な組立構造でしたので、ABSの
ランナーを軸にし、HGUCのキットと同じような構造に。
背中側のパーツを2分割し、シールド用の軸を利用して
背中との接続部を作ります。

で、分割したパーツの接続ですが、
20121101_10.jpg
無駄にリニア接続www
閃いた時、スゲーけどアホだなーと思いつつ
代案も浮かばないのでそのまま進行。
合わせ目は殆ど見えないのでこれでOKです。

OKなんですw

そんなこんなでフツーのゲルググ
20121101_13.jpg
高機動型
20121101_01.jpg
背面
20121101_02.jpg
ゲルググキャノン
20121101_11.jpg
と、かなり組み換え遊びが楽しいカンジに。

自分的には左腕にバックラーシールド、
右腕はノーマルで
20121101_14.jpg
高機動型BPをしょって新型バズーカを持った
この組み合わせがスキ(*´∀`)

なんか細々したものがまだ残ってますが、週末までに
終わらなかったらプロトメガンに作業を戻します。

本当は何も仕事とかなかったらどの位で作業が進むのかの
試金石的な意味合いもあって、塗装まで込で1週間で
終らせられるかな?と思って作業してみました。

でも、やっぱりまだ3日のうち1日は寝ているだけの
ような日もあるし、元気でも家族と過ごす時間だったり、
息子が風邪ひいて病院連れて行ったりすると、その日は
プラモの方まで元気が残ってなかったりで意外と思うようには
進まないものです。

では(・Д・)ノシ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。