HGUC ジェスタキャノン

2013年05月12日 14:14

こんにちは!

フルコーンの合間にちょこちょこいじってたジェスタキャノンですが、
表面処理もせずプロポーションの改修ばっかやってたらあらかた終わって
しまったので(w

ひとまずまとめてみました。

まずパチ組みです!
20130512_01.jpg
すらっとしてコレはコレでかっこいいです。

やっぱキャノンの展開ありでプロポを細くしておかなければ
ならなかったんでしょうかね。

それでも僕にとってはキャノンを冠する機体ににあるまじき
ヒョーロクダマ加減ですが。

で、首の延長0.5mm、股間軸を1mm幅まし。
20130512_02.jpg
ぐっと力強いプロポーションになりました。

次に顔です。
20130512_03.jpg
かっちょええジム顔ですが、ジェガンが装甲を追加したようには
見えねえんだよなあ。
20130512_04.jpg
小説版の設定を穴が開くほど見ながら
20130512_08.jpg
色々改修していきますがまだ途中です。
バイザーの形が全然違うのが一番の原因ですね。
これはまだまだ突き詰めていきますよ。

で、いきなり全体像なんですが、前段階でまだスマートなヒーロー体型
でしたので、さらにごっつくしていきます。

靴底のポリキャップの受けをニッパーでバキバキ取っ払います。
で、股間軸の上面を1.5mm削り落とします。
これで3mm短足化で1ゴリラです。

で、その分胴体の内部のボール受け分で1mmづつ計2mm伸ばして
胴長化。これで2ゴリラです。
腹巻下部は細すぎるんでプラ板で2mm幅まし。
20130512_05.jpg
で、本当にあまりやっている方いないのですが腕の生える位置を3mm外側に変えました。
言ってみればZプラス的生え方なんですよね。最近の雑誌作例でもここはほぼスルー。
唯一HJ木村さんの燃えてしまったという作例が腕の生え際を外側に動かしてあるようでした。

中身は前回とは全然違うやり方で軸位置の変更をしてますので、需要があれば
次回のジェスタのエントリでお見せします。(きったない工作ですけどwww)

で、肘間接のつき方も画稿どおりに修正。
20130512_06.jpg
つま先というか靴の小型化を前回と別のアプローチでしてみたいなという所ですが、
結構大掛かりになりそうなので取りあえずまた今度。

20130512_07.jpg

パチ組みと現状の比較です。結構変わりましたね!

HMEに持っていけるよう、空いた時間でコツコツ進めます!

では~
スポンサーサイト