HGUC ユニコーンDM #1

2012年02月24日 00:49

こんばんは!

シェンロンガンダムも無事落札者様のもとへ発送が完了しました。

んで粛々と罪(積み)を浄化(消化)しようと、
丸1年ほったらかしているコアファイターなんぞに
手をつけようとしたり、S.A.F.Sとかファイアボールなんかを
塗ってしまおうかなんて考えたりしていたんですが・・・

まあ何だか色々有りまして、何故かユニコーンDM
しかもバンシィじゃない方ですwww

いや、作りたかったんですよ。前から。
でも、ホントにもうやり尽くされていて、
へったくれも何もないんでしょうケド。

でも色んな作品を見て、「オイラならここに手を付けるなぁ」
ってところは、結構あるみたいだったので、パチ組して
さっそく改修開始です。

まず腕。
20120223_20.jpg
HGとは思えない壮絶なパーツ数です。バンダイスゲーです。
でも、なんか散漫でスカスカな印象であることも
否定出来ないので、そのへんを解消していきます。

手始めに拳です。
まず、手首関節隠しの四角い奴は、カトキっぽさを
出すため、プラ板で傾斜をつけます。
20120223_07.jpg
キットの拳は、とにかくデケーす。
そして、エア何かを握っているような造形で、付属拳の中でも
かなり嫌いな造形、バランスの拳なので、使いません。

手が小さいほうが、巨大感とか精密感出るって
matさんかうにくんが言ってた~
スゲーほんとそうだよね。

コトブキヤのハンドパーツを使おうと決めていたのですが、
ストックを切らしていることに気づいてしまい、買いに行くのも
アレなので、ジェスタであましたグーの、どうにもかっこ悪い
親指をガッシガッシナイフで削ってこの形に。

かなり荒いですが、自分的には満足です。

前腕は、かなりいじり倒しました。
20120223_08.jpg
サイコフレームと甲側の外装の接触面で1mm位削って、肘のパーツが
胴側に近づくように。

外装の分割ラインも、残念な省略でしたので、
プラ板を貼り付けて、MGのようなディテールに
しています。あと、前腕上部胴側の側板(?)も、
ペラペラでしたので0.5mmプラ板で肉厚を出しています。

つぎに二の腕です。
20120223_09.jpg
関節の下側基部が肉厚すぎて、関節が前腕から
浮いて見えるように感じましたので、軸の周りの
肉厚を0.5mm~落としました。

で、組み立てるとこんな感じ。
20120223_05.jpg

素組み比較。左が改修前。
20120223_06.jpg
肘周りの凝縮感がアップしています・・・が、
わかりずらいでしょうかw

う~ん、もう片方、めんどいですが、何をしたか
忘れないうちにやっつけてしまわないとwww

次に腰周り。
20120223_04.jpg
腰部の合わせ目に、細切りの0.5mmプラ板を重ね貼り。
都合1mm前後幅が伸びています。

でもって・・・
20120223_03.jpg
こうすることで、このくらいモモが後ろ側に引けるようになります。

こうすることで、一気に「腰の入った」カトキ立ちができるように。
キットのままだと、モモが後ろにほとんど引けないので、
そのまま腰を入れたポーズにしようとすると、ヒザの部分で
鳥足状になって、なんとも貧相な立ち姿になってしまうです。
自分的に。

でもって、本当は股間軸を外側に1mmづつ位移動したいのですが、
構造上大手術になりそうで、いい方法がないか思案中です。

現状こんな感じ。
20120223_01.jpg
左腕はかなりイイ感じ。
立ち姿も、インストの写真から見るとだいぶマシなのかな。


つうかね、パーツ大杉

いつ終わるんだコレw
スポンサーサイト