ジェガン祭り その16

おはようございます。

昨日も引き続き塗装していましたよ~

まずモスグリーンです。
もともとの設定だとここはグレーのような色なんですが、
UC版のカトキ画稿ではモスグリーンに着色されています。

昨日大量に余った緑の白を足す前に分けてあった分(ややこしい
に、様子を見ながら少しずつ黒を足していきました。
20110522_01.jpg
ちょっと組んでみます。
20110522_04.jpg
部屋の壁の色やブラインドの水色が干渉して
微妙に実物と違う感じですが、色の並びとしては
まあいいんではないでしょうか。

次に差し色になっている赤です。
色の源マゼンタと白を2:1くらいにイエローを様子を見ながら・・・
結局マゼンタとイエローと白が同量まで入りました。

こんな感じです。

塗り終えてみるともう少し彩度が低くても
良かったかなと思いました。
20110522_02.jpg

さて、色のバランスを見てみます。
20110522_03.jpg
まあ、無計画に調色していった割には
まとまっていますかね。

それにしても自然光で撮ると部屋の色んな色が干渉してきて
全然色味が落ち着かないですね。

夜もっぺん撮ってみようかな・・・

次は関節頑張ります~

ワショーイ!!!

関連記事
スポンサーサイト

Comment

  • ツキデコ
  • URL

すみません、長文になってしまいました。

少しずつ完成形が見えてきましたね!!
いよいよ祭りもクライマックスですね~。
自然光、僕もうまく撮影できた試しがないのですが、
背景にグラペ置くだけでも色の映り込み制限できますよ。
色の源は僕もいま作ってるザクで試してみようかな~と
思ってましたので、すごく参考になります。

それから、iAppの件です。
遅くなりましたがAppleサイトへのレビューありがとうございました。
すごくうれしかったです。
CMYKの色分解アプリ、見つけました。
もうご存知かもしれませんが、
「Palletes」というアプリです。
有料版を購入しないと機能をフルに使えませんが、
最初の3回は無料版でも有料版と同じ機能を使えます。
(その後は保存できる色や画面に表示される色がかなり制限されます)
機能的には、選択した写真(画像)の色を分析して
自動的にその色のパレットを生成します。
その生成されたパレット内の色をクリックすると、
RGB、CMYK、HEX等の数値を調べることができ、
さらにその色を元にスライダーで数値を変えて
新たな色を作ることができます。
多分、kentaさんがお探しになってたツールそのものではないかと。
写真については、iPhone内のフォトライブラリから選択、
あるいは画像があるURIを直接入力する方式です。
Safariとは連動してませんので、Safariで表示された画像を
直接読み込むという操作はできませんが、
気になった画像を保存してフォトライブラリに登録しておけばOKです。
ネックは価格でしょうか。
フル機能版は700円します(><)。
(あと、日本語ではなく英語表示です。)

  • エム
  • URL

お疲れ様でございます!!

D型の本格塗装開始ですね!

自然光でも被写体との間に
トレーシングペーパーでディフューザーを
置くと反射の影響を押さえられますヨ。

私は塗装までに
まだまだ先になりそうなのでアレですが
プロトスタークの濃い目な
あのグリーンも調合が難しそうで。
いまかかなり不安ですわ~ww

  • kenta0824
  • URL

ツキデコさん>
色の源、なかなか面白いです。
小さい頃は「絵の具は混ぜると何で汚くなるんだろう」
ってずっと思ってて、色を塗るのキライだったんですが、
純色同士の混色なので、とにかく色が鮮やで楽しいです。

カラーピックアップのアプリ、既にありましたか!
ちゃんと調べてから要望すれば良かった…orz
情報サンクスです!

エムさん>
普段の撮影は、夜、部屋の照明を全部落として、
ライトの光だけで撮影してます。

でも、自然光で巧く撮影できると
かなりいい写真が撮れそうだなと
いつも思っていたので、参考にさせて
頂きます♪

  • ピカ
  • URL

ザクっぽい色と言っていましたが、こうして見るとちゃんとジェガン色ですね♪
グリーンのグラデーションはやっぱり良いなぁ。

あと一息、頑張って下さい!

  • kenta0824
  • URL

ピカさん>
コメントありがとうございます!
あと一息…
スタークも放置してるので実はまだまだですwww

頑張ります!!

Leave a Reply










Trackback