センチジム製作記 その5

今日は股間をいじって
おっとしつれいw
もとい、
股間ブロックをいじっていきます。

キットの股間は、カトキブロックとは
程遠い形をしています。

スキル無い、でもコレジャナイ…

いつものようにNETで工作方法を勉強するのですが、
箱組みとか、プラ板で囲ったりとか、難易度高めです。

いつものようにパーツとにらめっこしながら、
自分でもある程度、精度を出せる方法を考えます。

とにかく、カトキブロックは前後に長い!
んで、幅も結構広い!コックピットハッチと
同じ幅くらいある!

願望が出てしまっているんで

いやいや、何でもないですw

なので、真ん中から半分に切って1mmプラ板はさんで、
前後の幅は、5mmの短冊に切った1mmプラ板を、
とりあえず貼ってしまいます。
SNTGM040.jpg
…全然遠いです。ダイジョウブだろうか…w

ううううううん、とか言いながら
考えてたら、ヒラメきました。
クビチョンパ!
SNTGM047.jpg

ガンポンのバランスを見ながら、後ろにずらして
接着します。で、ラインをつないでいく。
あまった延長部分はノコで切り取る!
SNTGM039.jpg
で、中途半端なスラスタのモールドは、
整面のついでに削り取って、かわりに
ナイフで穴を開けます。

一旦様子見!
SNTGM041.jpg
んん、思ったよりイイ感じです。
中の赤いのは、大変そうなので今度ですw

今度は中身を作っていきます。
バーニアパーツをプラ板の先に貼り付けまして、
SNTGM042.jpg

裏から接着。
SNTGM043.jpg

再び様子見。
SNTGM044.jpg
…ちょっと中から出すぎな印象です。
後から調整しますw赤いのと一緒に、
やるんだよ!ワシ!

ちょっと引きで俯瞰から~
SNTGM045.jpg
おおおお、股間でかなり印象変わった!


さて、恒例のパチ組み比較~

パチさん~
SNTGM011.jpg

今回~
SNTGM046.jpg

実は腕もちょっと短縮する工作しました。
ほんの少しですが。

パチと比べると、だいぶカトキ的記号が
増えて、センチっぽくなってきた。
多分w

今後やること(自分的まとめ)

・顔
-前後延長
-メインカメラ工作

・肩
-肩スラスター工作
-肩パーツ接続方法変更

・腰
アーマー面出し
股間ブロック(お尻側)
フレーム縮小

・マルイチ
各部マルイチモールド加工

・ヒザ
ヒザ裏モモ・スネ寸足らず解消加工

・カカト
-カカトモールド工作
-スリッパ省略パーツ復活
-足裏バーニアどうする…

・ランドセル
-まだ計画立ててない

・シールド
-まだ計画立ててない

・ビームスプレーガン
-これは確実にスクラッチ

んんん、欲張りだな~ボク

…違う、身の程知らずなんだw
関連記事
スポンサーサイト

Comment

  • トコっチパパ
  • URL
No title

こんにちは~。
オォ~!パチ組と比べて、かなりスレンダー&モッ●リになりましたね~。
まるで別のキットのように見えます。(゜o゜)

  • ピカ
  • URL
No title

快調に進んでいますね♪
加工後、確かに格好良くなっていると思います。
カトキっぽいとか近藤っぽいとか、どういう基準なんですかね?

  • kenta0824
  • URL
No title

トコっチパパさん>
コメありがとうございます~
モッコ●はそれでも少し控えめなくらいです。
やっぱりデザイナーさんの願望が(ry

ピカさん>
僕はプラモ復帰のキッカケがRX-78-2Ver.Ka
だった位、カトキスキーなのです。
なので、割合手も早めに動きますw

カトキ的・近藤的に関しては、一言では表現が難しい!

大河原先生:唯一無二のオリジナリティ
カトキ先生:ロジカルで均整が取れていて、
アニメのうそんこの線を整理してをホントっぽく
感じさせるのが上手なトップアレンジャー
どちらかといえば万人受けかな?

近藤先生:末端肥大型のダイナミックなアレンジで、
面構成というよりはカタマリ系のデザインが多いのでしょか。
でも、近藤先生のアレンジされたギャンは、凄いかっこいい。
どちらかといえばマニアックかな?

あんまり独断を述べてしまうと炎上しかねないw
話題なので、この辺にしておきますw

Leave a Reply










Trackback