センチジム製作記 その6

そうそう、何日か前から、「fg」に
投稿しています。
良かったら見てやってください~



今日は腰フレームと尻アーマーの改修です。

前後に長いので薄くしたいんですが、そうすると
尻のアーマーが今以上にモモ裏に干渉するので、
S字立ちがショボくなります。

いくら形状を追求しても、立ち姿が美しくないと、
センチ/カトキ的とは言えないですものね、奥さん!

と、言うわけで、今回は結構無謀な挑戦です。

まずはじっとパーツを見つめます。
SNTGM059.jpg
…思春期なら、色々と無茶な想像に行き着いて
無意味な興奮とかしたりしそうwですが、
いい加減いい大人なので、
冷静に工作方針を煮詰めて行きます。

2mmプラ棒と3mmプラパイプです。
なんでこんなもん買ったのか、
全然覚えておりませんが、
今回の工作には役に立ちそうです。
SNTGM058.jpg

どんなカンジで行くか大体決まりましたので、
フレームからグサッと行きます。
SNTGM057.jpg
尻側のポリ受けは、尻アーマーについてるのですが、
余計なフレームを切除した後、1mmプラ板でポリ受け
を作って接着します。
もう戻れません。ドキドキw

で、尻ブロックと尻アーマーを
ノコでバラバラにします。
SNTGM056.jpg

そしたら、フレームと尻ブロックを
根性で指で押さえつけて、
3mmピンバイスで穴を開けます。
SNTGM055.jpg
この穴の位置にダボがあるため、事前に
ナイフで削り取ってあります。
ですので油断するとフレームとブロックが
あらぬ方向によれてたり、結構力のいる作業
ですので、手元がくるって怪我などしないように
気をつけたほうがよいと思います。

で、貫通しました尻ブロックの方に
3mmプラパイプを接着します。
くっついたら、切り欠きを入れます。
SNTGM054.jpg
なんてんでしょ、半分にすると、
これから通す2mmの軸がポロリしますので、
半分よりはちょっと残るくらいに。
後ハメの時位のカンジで。パチってはまる位の。

現物あわせで間隔を決めて、
2mmプラ棒を尻アーマーに接着。
SNTGM053.jpg
プラ棒の受け用の切り欠きは、
写真のようにプラの厚み残して
一番上の箇所でOKだと思います。

試しにパチっとした所です。
SNTGM052.jpg
ぉぉ、ぃぃね。

イヤーン
SNTGM051.jpg
…はい、ごめんなさい。

馬鹿な事してたら、幅まし予定忘れてて、
アーマーの間隔を決め直す羽目になりましたw
両方外側に0.5mmずつ広げて再接着

今日の1枚
SNTGM048.jpg
地味~に胴も1mm延長。
手長感、減量できた(と思い)ます。

俯瞰で1枚
SNTGM049.jpg
ん~、弱そうw
コレはGMだからでなく、立たせ方の問題だなw
サイドアーマー、知らん顔してましたが、
俯瞰になるとごまかせません。
…次回次回。いや、今度w

後ろ~
SNTGM050.jpg
まだスカスカっす。

自分の中で結構大掛かりな改造でしたが、
(大きな)失敗は無くて良かったです。

今日はこんな所です。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply










Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。