プロトメガン #6

こんばんは。
だいぶプータローにも慣れてきまし(マテw

最近ツィッターでフォロー頂いたhktm(@hktm27)さんの
新アイコンに今朝から殺されかけているkentaです。

ガチャで見かけたら出るまで何回でも回すと思います。
ビレバンならきっと置くと思います。

そんな訳でメガンです。

前回のエントリで脇見しないでいくぞー!と
決意表明したところ、ソッコーで依頼者様から
「仕事じゃないのだから頑張らなくて大丈夫ですよ」
とご連絡がw


とりあえずアンクルアーマーは穴あけが全部終わりました。
メガンのアンクルアーマーの形状は、側面が五角形ではなくて
四角形で、しかも結構な急勾配なので、全面と側面で穴の
大きさを変え、かつブキヤの角バーニアのサイズを念頭に置いた上で
かっこよくバランスの良い位置決めをしなければなりません。
20121108_02.jpg
写真取らなかったんですが、マスキングテープを貼って
側面の型を取り、その型を元に図面を引いて、その図面を元に
プラペーパーを切り出してテンプレートを作りました。
面倒でしたが、結果的にだいぶ作業時間が短縮出来たように
思います。

同じ作業の反復をする場合は、面倒でもそうした方が
早くてキレイにできるという事を痛感しましたよ。

ヒザ~スネも合わせ目消しから始まって、
面出し、モールドの彫り直しや面出しで
消えたモールドの復活とか色々
20121108_01.jpg
こうして見ると別にどって事ない写真ですが、
凄く時間のかかる作業です。

HGとかだとジャっとヤスリ当てたらオシマイなんですけどね。

その上、全部の面に微妙なRがあるので、そこに
エッジを立てて行くのは中々難しくて少しづつしか
進んでいきません。

ヒケも凄いですしね~
おっきいから仕方ないですね(´Д` )

モチベ維持の為、ちょこちょこ頭もいじりつつ。
20121108_03.jpg
元の造形はかなり入り組んだデコボコのある
変なカタチなのですが、思い切って取捨選択。
抜けてないモールドもイラナイのは彫り直さず
埋めてしまいました。すっきりしてカッチョイイ(・∀・)
20121108_04.jpg
中央の合わせ目はこう見てもしっかりパネルラインとして
成立してるのでそのままにし、トサカ部分のみ段落ちで処理。
20121108_05.jpg
う~ん、メガンの顔ってかっこいいなぁ(*´∀`)

頭部はまだやりたい事沢山ありますが、今後の楽しみ&
モチベ維持のためにチビチビでwww

久々に全身像です。
20121108_06.jpg
アンクルアーマーの開口で、かなりそれっぽくなりました。
20121108_07.jpg

・ライフル
・前腕
・右サイドアーマー

大手術(僕にとっての、ですがw)はあと3つ。

前腕は一回失敗してるから自信無いのです。

とにかく表面処理が全然終わってないから
黙々とヤスリながら作戦を練る事にしますw

次回のエントリは、mogeオフレポの予定です。

では!


関連記事
スポンサーサイト

Comment

  • TAKE
  • URL

いや~、やっぱりメガンはデカイですね~w
パーツがデカイ分、工作はしやすそうですが
表面処理と単純作業は大変そうですね^^;

マスキングで型とって・・・この方法、自分も考えてたところなんで
ちょっとやってみます^^

  • kenta0824
  • URL

TAKEさん>
コメントありがとうございます!

はい、デカいですwww
工作、48だと大きすぎて帰って粗があると
目立ってしまうので逆に大変ですよ(´Д` )

マスキングテープを使う手法はオーソドックス
で簡単確実な方法なので皆さんやってらっしゃる
みたいですね(*´∀`)

面倒ですが中々便利でした。

Leave a Reply










Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。