MG ストライクZ #7

こんばんは!

前回バーニアをどう仕込んでいくかというところで終了していました。

ご依頼者さまからのご要望で、当初ビルダーズの1/144バーニアを
仕込む予定だったのですが、そのバーニア径が8mm。

リアスカートの設計時、画稿のバランスだと6mm位の厚みかなと
思っていたのですが、バーニアの径に合わせて8mmで図面をひいて
見たところ、明らかに厚みがありすぎでした。
間を取って7mmで図面を引いていたのですが、やはり8mmの
バーニアは外にはみ出ます。

Twitterでも「でかいんじゃね?」というご指摘をshinshinさんから
頂き、ご依頼者様からも変更の許可が下りたところで、折よく
ヨドで6mm径のHQアルミバーニアを発見。8mmも売ってたので
めっちゃ迷ったのですが、リアセンターとフクラハギはキレイに入って
いたので6mmのみを購入。

んで、ごく普通にこんな感じで取り付けしました。
20150220_09.png
うーん、やっぱプラ材にないシャープさがありますね。

ご依頼者様からもセンター・フクラハギともにアルミパーツに置き換えるよう
ご要望がありましたので、後日こちらも置き換えをしていきます。

バインダーも難所の一つです。
パテでガワと中身を一体化させつつ、特徴的なラプターの
バーニア部の様な形状を、プラ板工作でチマチマと再現。
20150220_08.png
画稿にはちょっと遠いですが、雰囲気は十分出ていると思います。
挟み込みの多い箇所で、色々と分割して塗装後組み込みができるよう
工夫しております。

組み上げるとこんな雰囲気。
20150220_04.png
ちょっと平べったい印象ですが、一応中の偏向板は中央に向かって傾斜をつけ、
2段目の6角形は分割して傾斜に沿って張り付けているので、視点によっては
もう少し立体的に見えます。

だいぶディテールが揃ってきました。
20150220_03.png
かなりな長丁場になってきてますので、息子の春休みには
塗装を進められるよう頑張ります!

では!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply










Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。