ヤフオク中華ブラシレビューVol.2

さて!みなさん。

「別に待ってはいないよ」という方が殆どだとは思いますが、
「報告してくれるなら聞いてあげてもいいよ」位の方は
結構居るんではないかという、

所謂「ヤフオクで出品されてる中国製エアブラシ」について!

実際に吹いて見ましたよぅ~。

エアブラシ導入にあたって、色々なサイトやブログで
勉強させていただいたのですが、ビックリしたのが
「塗料ビンは、振っては成らぬ!」という事!

今までフツーにガンガン振ってました。

そして確かにフタが開かなくなってましたw。

撹拌棒も買ってきました。

まずはガンダムブルーを調色してみます。
20101125_015.jpg
撹拌棒で良く撹拌した後、「1滴、2滴」と数えながら調色とな。

マジすか!?

みなさん本当にそんなにチマチマやってます?
とか思いながらも、まあ理にかなってるのでチビチビやります。
だいたい塗料1に対して溶剤2だそうな。

ん~、だいぶサラサラですが、思っていたほどではない。
いいや!いけ~!

塗料を中華ブラシに投入!
20101125_013.jpg

さあ、いよいよだ!
プラ板に向かって吹いてみます。

ブシュ!
スカ!

ぶぶぶぶぶぶぶぶ

ドキドキドキドキドキドキ

こ、こ、これは、うん、多分塗料が濃かったんだ!
ブラシが悪いんではなくて、うん、

んで、どうする、もっかいイチから?
ん?入ってる塗料どうするの?

んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんん

溶剤をカップへ直接投入。
(もう半分あきらめているw頭の中は「安物買いの~」のフレーズでイパーイ)

これでどうだ、このやろう!

プシ-----------------------------


…おっ?

20101125_014.jpg

・・・意外とキレイに吹けてるじゃん!

プラ板の余白が全部埋まるまで練習です。

やっぱこれ、濃度が非常に重要。

そしてですね、多分なんですが、僕の中華ブラシくんは、
コンプレッサーがプチコンだと、パワー不足っぽいです。

あと、やっぱたまに出てこなくなる時があります。
多分濃度が濃いか、吹いてる間に揮発した分で
途中から出なくなるのか。

そうかと思えば安定して吹けたり。

かなり気まぐれです。

あと、細吹きはどう頑張っても無理っぽかったです。

でもこれも僕の実力不足の可能性が高いです。


先にサフっておいたジムコマ(ナンマンダブ)の胴体に吹いてみます。
20101125_012.jpg
おお、
20101125_011.jpg
フツウに吹けましたぞ。

結論。

正直、モノはそんなに良くない。

でも価格相応(2800円弱)。

NETで叩かれているほどは酷くはない。

しかし、いいエアブラシを使ったことがないので、

本当の所許容範囲なのかどうか分からないwww

ようつべなんかでもブラシとコンプレッサの検証を
している動画を見かけましたが、中華ブラシだと
上手く行かなくて同じ設定でグンゼブラシだと
キレイに吹けたって、でもこれは検証としては
片手落ちの気がします。
「グンゼブラシとの比較」、であれば納得出来ます。


僕のブラシの場合は、塗料をうす~くすると
キレイに吹いてくれます。

多分、サフやメタルカラーは、ちょっと難しいのかな。
これもやってみてですね。

僕は靴を良く壊すので、最近は3000円以下で見つけないと
買ってもらえませんw。(実話ですw)
さすがに3000円の靴は、履き心地も悪いですが、
靴としては機能します。

このブラシはきっとそんな感じです。

でも届いた日、開けてすぐ触った時に、トリガを引いても
ニードルがビクともしなかったのには
さすがに凍りつきましたw
(組み立てがいい加減だったみたいで、あちこち緩んでいたので
バラしてもっかい組み立てたらフツウに動きました。)

言いたいことはいっぱいあります。

オクでは、100円スタートですが、どれもこれも
大体2000円前後になるよう自動入札が掛かってる。
出品者が別IDでかけたりしてるんでないか?と思わさる。
送料あわせると、3000円弱位になる。
別のNETショップではフツウに売り物として、やっぱり送料込みで
3000円切るか切らないか位で売っている。

とか。

まぁでも、今の僕には分相応な道具。
結果的にはエアブラシが手に入って、純粋に嬉しいデス。
このブラシを使いこなせたら、あとはどんなブラシを
手に入れてもその方が使いやすいって事でしょうし♪

という事で、

★★★☆☆
星3つ!
w

長い割りにたいしたレビューでなくてスミマセン・・・


20101125_010.jpg
シナンジュも順調に組みあがっております。
なんだこの既視感と思ったら、
エンゲージを作っていたときのカンジだ~

手を入れるところなんか殆どないから、塗装で勝負ですな。
表面の処理は膨大ですがw

では~
関連記事
スポンサーサイト

Comment

どうも~
おっ、なんかちゃんと吹けてますね。
意外に使えるのかも!?
ハンドピースも結構良いのは高いんで、割り切っちゃえば中華製でも
いいのかな。参考になります!

ちなみにボクも使い出した頃は希釈率でいろいろ悩みました。
でも最近は「どうせ1回ではキレイに塗りきれないし薄めに作って重ね塗りじゃぁ~」
としゃばしゃばでやっちゃってますよ~~

  • ピカ
  • URL

祝!エアブラシ購入!!
プチコンはL5の1/10位のパワーだった気がします。
(自分も使っているのに適当w)
銀やサフを吹く場合は先端のキャップを外して吹くと目詰まりし難いかも。
塗料の希釈ですが、自分はハンドピースのカップに先にエアブラシ用のシンナーを入れてから塗料を足します。
ベースカラーは多めに作るんですが、一回に吹ける量は知れているのでw。

  • kenta0824
  • URL

hidezoさん>
そうですね、よく考えたら、手持ちの塗料は確実に溶剤が揮発
してるでしょうから、結構ジャバジャバでイイのかもですね!
う~ん、正直もう少し僕自身がスキルアップしないと、
薦めてよい物かどうかよくわかりませんw
ちなみにFBさんは絶賛してます。
↓コメントを頂いたエントリです。参考にどうぞ~
http://kenta0824.blog133.fc2.com/blog-entry-54.html#comment_post

ピカさん>
いや~、あれだけ念入りに缶スプレーの検証した直後に
エアブラシデビュ~してしましたw

>銀やサフを吹く場合は先端のキャップを外して吹くと目詰まりし難いかも。

今度試してみます!はずすキャップは先っぽだけですか?2段目もいきますか?

>エアブラシ用のシンナーを入れてから・・・

なるほど!先に溶剤ですね。塗料を足した後、どうやって撹拌されてますか?

って質問攻めorz...すみません。

いや~、でも今度塗装するのが楽しみです♪

  • ピカ
  • URL

>はずすキャップは先っぽだけですか?2段目もいきますか?
2段目も外します。

>塗料を足した後、どうやって撹拌されてますか?
筆でやっていますよw。
というか、筆で塗料をカップに入れています。

但し強く混ぜると毛が抜けるので、優しく混ぜて下さい。
攪拌棒だと時間が掛かりますよ。

  • kenta0824
  • URL

ピカさん>
お返事ありがとうございます。
なるほろ~、勉強になりますなぁ!

うんうん、筆の方がよさそうです。
たしかにあのボッコだと時間掛かります。

ありがとうございました!ペコリ

ども。

工場管理の仕事で行った際にヤツらの仕事っぷりを見てからは
ぜっっっっっっったいに中国人とはビジネス上の関係は持ちたくない!

なんて思ってますが、ゲロ安中華ブラシは大好きなFBですw

>ニードル固着
あ~~~~!ありますねw結構な率でwww

一応うちでも、新しいのおろすときにはバラして洗浄してからにしてます。
たまにメッキのバリやゴミが入ってることもあるし。。。
(これは中華に限ったことじゃないです)

特に中華ブラシの場合、マズルを取ったら見える口金は最初に洗浄した方が良いです。
が、一回吹けば溶剤が通るのでゴミも飛ばせるから良いんだよ!でもイイと思いますwww

※大丈夫だと思いますが、中華/国産に限らず、
時にここを回しすぎてネジ部を舐めてしまう人がいるので注意です。

希釈率1:2についてですが、
0.3mmあたりの細吹きの口径だと、結構際どい濃度だと思います。

メーカーや塗料の状態にも寄りますが、クレオスのラッカーを基準で考えると、
1:3くらいでも全然薄くないと思いますよ。

で、1:2って、実際出てても、吹いてるうちに溶剤分が少しでも
とんでしまえばすぐに出なくなるのも当たり前な濃度だと思うんです。

多分隠蔽力の強い濃度の濃い色やサフ系だと1:2だと出ないと思います。
1:4くらいでもいい場合もあります。これらはタミヤ製ブラシでも条件は同じです。

このあたりどのくらいがいいかは、
実際、数字でなく感覚で補う部分だと思うので経験で掴んで下さい。



と、エラそーなこと言ってますが、

カップ内の撹拌は「うがい」でやってしまう
かなりおおざっぱなFBですwww

で~は~。

  • kenta0824
  • URL

FBさん>

お久です~
コメントありがとうございます!

ニードルの件はねぇ・・・www
ホントにビビりましたよw

希釈率は、僕も「1:2じゃなくて3か4じゃね!?」と思いましたw
撹拌をうがいで、それもよさそうですね~!

経験値が必要だ!頑張ります!

FB先生、これからもおねげぃします。ペコリ

Leave a Reply










Trackback